赤ん坊

乳児湿疹の原因を調べる|赤ちゃんの肌を守る

赤ちゃんの肌はデリケート

PC

種類により対処法も異なる

赤ちゃんは大人と比べて肌の抵抗力(バリア機能)が弱いので、湿疹などの肌トラブルが起きやすいとされます。赤ちゃんに起きる湿疹を乳児湿疹と言い、大人にできる湿疹と同様にいろんな原因でなります。原因によって湿疹の種類が異なり、それぞれに合った対処方法というものが存在します。なりやすい乳児湿疹には、おむつかぶれ・あせも・乳児脂漏性湿疹・食物アレルギーなどがあります。誰もが赤ちゃんの過程で、乳児湿疹に当てはまる肌トラブルを経験するといわれているので、赤ちゃんに肌トラブルが起きた時は焦らずに病院へ行って診てもらうと良いと思います。湿疹は見た目では原因が特定しずらく、湿疹は種類によって対処法があるので、誤った対処をしないためにも病院で医師にちゃんと診てもらう方が安全です。

ケアは低刺激と清潔が大切

乳児湿疹で比較的に多くみられるのが、乳児脂漏性湿疹と新生児ニキビです。乳児脂漏性湿疹は、顔と頭にかさぶたやフケみたいなものが生じます。かゆみは微量ですが外部刺激により炎症することがあるので、赤ちゃんが触れないように注意する必要があります。かさぶたみたいなものは、入浴をする前にワセリンやベビーオイルでふやかすと取れやすいです。刺激を与えないこと・清潔に保つことが大切です。新生児ニキビは、頬や額にぶつぶつとした赤いできものが生じます。ケア方法は乳児脂漏性湿疹と同様に、刺激を避ける・清潔に保つことです。どちらの原因も、母体からの女性ホルモンによる影響といわれています。乳児脂漏性湿疹はケアで綺麗にすることが可能で、新生児ニキビは適切なケアを行えば1〜2ヵ月ほどで自然治癒します。