赤ん坊

乳児湿疹の原因を調べる|赤ちゃんの肌を守る

赤ちゃんの肌トラブル

花

お風呂で清潔に

赤ちゃんは毎日お風呂にいれてあげる必要があります。新生児は新陳代謝が活発なので毎日洗ってあげる事で肌を清潔に保ちます。すると胎内にいた頃の皮膚が剥がれ新しい皮膚と入れ替わっていきます。最初はガサガサしたように見える肌に驚かれるかもしれませんが、1ヶ月もすればモッチリした赤ちゃん特有の肌に変わっていきます。赤ちゃんの肌トラブルで気になるのが乳児湿疹。赤ちゃんの顔や体にできるニキビのようなプツプツした湿疹です。赤ちゃんが胎内にいたときにお母さんの女性ホルモン、エストロゲンの影響を受けていた事が原因でできる湿疹と言われています。新生児の頃からでき始め生後3ヶ月ほどで治っていく事が多いです。お母さんが甘いものや脂質の多いものをたくさん食べて母乳をあげると、それが原因で乳児湿疹ができるとも言われています。乳児湿疹を改善するためにも毎日お風呂で綺麗に洗ってあげましょう。赤ちゃんの肌は敏感なので専用のベビーソープを使ってあげましょう。

ケアの方法

乳児湿疹のケアは清潔を保つ事が第一です。乳児湿疹ができてしまった部分は泡で包むように優しく洗ってあげましょう。強くこすったり湿疹を潰してしまったりすると、かえって肌荒れの原因になります。頭皮に脂質の塊のような乳児脂漏性湿疹ができることもあります。その場合は髪を洗う際に髪を逆立てるような向きに頭皮を優しく洗ってあげましょう。エストロゲンが原因の乳児湿疹はだいたい3ヶ月くらいでよくなるのが一般的です。しかし赤ちゃんの肌はデリケートなため、いろいろな刺激で湿疹ができてしまいます。1ヶ月を過ぎた赤ちゃんの肌は乾燥しやすいですので、お風呂上がりにはベビーローションなどで保湿してあげると良いでしょう。赤ちゃんが湿疹を掻き壊してしまう場合はミトンをつけてあげるのもおすすめです。赤ちゃんが快適に過ごせるように工夫をしてみてはいかがでしょうか。